トランクルームをレンタルするときには下見は必要か?

トランクルームと下見

トランクルームは一時的に荷物を保管しておくところなので、どんなところでもいい、荷物が入りきればいいと考えている人もいます。

しかし実際にトランクルームをレンタルしたのに、

  • 使い勝手が悪い・・・
  • 保管していた荷物が傷んでしまった・・・

ということもあります。

あとで後悔をしないために、トランクルームは一時的なレンタルであっても下見をすることが大切です。

ここではそんなレンタルルームを下見するメリットをご紹介します。

下見のメリット

メリット1:大きさ・広さを把握できる

意外に想像と違うサイズ

トランクルームの下見をする時に必ずチェックするのが「大きさ」「広さ」ではないでしょうか。実際に見ないとイメージしにくいですよね。

せっかくレンタルするのですから、荷物が収納できるほどの大きさでなくては意味がありません。

必要な広さを割り出して、それに見合ったものをレンタルすることが大切です。

入り口の大きさも見ておくべし

また合わせて確認しておきたいのが、入り口の大きさです。

トランクルームの入り口はシャッター方式になっていることが多いですが、大きな荷物を収納したい場合は、その入り口から搬入することができるかどうかをチェックしておきましょう。

少し話は変わりますが、ベッドなどの家具を購入する時も自宅の玄関のサイズを確認しますよね。「入るかどうか」は大切です。

メリット2:駐車場から近いかどうか確認できる

駐車場からトランクルームまでの距離を確認

トランクルームに収納するものといえば、大型なもの、また本など重たい物が多いのではないでしょうか。

これを自分で運び込むのは大変!ですよね。

トランクルーム前に駐車できるとラク

重たいものは当然車で運び込むことになりますが、この時に駐車場からトランクルームの入り口までが近いところを選んだ方が便利です。

可能であれば自分のトランクルームの前に車が止められるスペースがあるものがおすすめです。

メリット3:セキュリティーや管理方法が確認できる

トランクルームに関するサイトはたくさんある(←当サイトを含め)ので、その中から利便性や料金プランを見て選ぶことも可能です。

しかし、実際はどのように管理されているの?セキュリティーは大丈夫?と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

現地を見ると安心できる

そんなときには、実際にトランクルームを見て選ぶと不安を解消できます。

収納した荷物はどのように管理されるのか?というのも設備を見ると理解できますね。

管理会社とトランクルームが離れている場合も

また通常トランクルームというのは、管理会社と離れたところにあり、トランクルームだけが独立してあるということも少なくありません。

その場合どのように管理しているかということを実際に下見をすると確認できます。スタッフは常駐しているのか?巡回しているのか?等、確認しておきましょう。

監視カメラの有無や設置位置なども重要ですね。

ついでに、トランクルールがある地域周辺の雰囲気も確認しましょう。

前もって現地で確認しておくと安心して利用できるようになりますよ。

おわりに

トランクルームをレンタルするときは、できれば下見はした方が良いです。

忙しい方はなかなか下見に行くのも難しいと思います。気になる点はメールや電話で問い合わせるのもよいでしょう。

トランクルームで失敗しないために、契約前に確認できることは何でもしておきましょう。

人気のトランクルームをチェック!(ジャンル別)